医療レーザー脱毛の副作用とは?

医療レーザー脱毛で考えられる副作用

クリニックで行う医療レーザー脱毛、特に濃い色の体毛に反応しやすいので、わきの下やVIOゾーンなどを処理するのにはお勧めです。しかしレーザーは結構強いので、人によっては肌に赤みが出るとか、軽い火傷症状が出たりすることもあります。また施術後に、痛みが強く出ることもあります。このような場合はまず患部を、痛みがなくなるまで冷やしましょう。放って置くと炎症がひどくなり、毛膿炎といって、一種の白ニキビのような症状が出ることもあります。これは一時的なものですが、必ず施術を受けているクリニックに相談して、指示を仰ぐようにしましょう。医療レーザー脱毛は効果が高く、永久脱毛できることも多いのですが、その反面こういう副作用が出ることがありますので、クリニックで施術を受けたい人は、このような点に注意しておきましょう。
京都の永久脱毛クリニックの口コミ

医療レーザー脱毛にありがちなトラブルとは?

医療レーザー脱毛にありがちなトラブルの実例として、打ち漏れや火傷などがありますが、事前にテスト照射を行うことによって、様々な身体的なリスクに対応をすることが可能です。
また、再照射の仕方については、それぞれのクリニックの方針によって、大きなバラつきが出ることが知られており、できるだけ保証制度がしっかりとしている通院先を見つけることが大事です。
その他、ムダ毛の量が少なくなっていることを実感することはもちろん、副作用に備えるために、アフターケアの内容がきちんとしているクリニックで契約を結ぶことが重要です。

医療レーザー脱毛後は副作用で汗の量が増える?

脇の医療レーザー脱毛での口コミで多いのが、ワキ汗が多くなったような気がすると言う声です。実際、脱毛をしたらこれまでなかった汗染みが出来るようになったという事があるようです。しかしこれは、副作用によって汗の量が増えたのではなく、今までムダ毛がからめ取ってくれていた汗が流れやすくなり、服がダイレクトに吸ってしまうため勘違いしやすいのです。医療レーザー脱毛により、汗の量が実際に増える事はほとんどありません。そして軽度のワキガであれば、ワキガの原因になるアポクリン腺という汗腺を破壊する事が出来るので、治るとも言われています。

医療レーザー脱毛後にしたいアフターケア

効率よく全身脱毛や部分脱毛を行いたいと思っている方におすすめなのが、エステ脱毛の約半分の期間で施術を完了させることが出来る医療レーザー脱毛です。医療レーザーはムダ毛に含まれる黒い色素に反応して毛根に直接ダメージを与えるケアが行えることから、効率よくムダ毛の処理を行えるメリットがあります。ただ照射威力が高いことで、皮膚が薄くデリケートゾーンと呼ばれるVIOラインやワキのお手入れは、日焼けをしてしまっていたり肌のコンディションが悪い時に無理にケアを行うと、副作用として軽い火傷や一時的な赤み、肌の乾燥を引き起こす危険があります。
そのため肌トラブルに注意するためにも、脱毛後は体を温めるお風呂やサウナには入らずに、冷たいタオルやローションを利用して肌を冷やすアフターケアが必要となります。

レーザー脱毛 東京 安い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です